links

Shopping



Yahoo オークション




categories

archives

新見天然πウォーター

0
    人間の身体の60%〜70%は水分で出来ているという。
    そこで、体脂肪計に乗ったら残りは脂肪だったと判明したHIDEです^^

    さて、今日は変わりネタ、水の販売所の紹介です。
    やっぱり水っていうのは、食の原点。これをおろそかにしてはいけません。
    水の事を大切にする料理人のいるお店なら、安心して食事を楽しむ事が出来ますからね♪水商売って言うくらいですから・・・
    特に、スープを大切にするラーメン屋さんの中には水に手間をかけたお店もあるんです。たとえば、「支那そばや」の厨房の下に見える整水器は、かなり大きな物を使ってます。

    水道水の蛇口がそのまま寸胴に入る造りのラーメン屋さんが、随分昔にTVで話していた。
    「同じ分量で材料を入れて同じように作るんですが、毎日味が違うんです。これが不思議なんです・・・」
    これは浄水場で使う薬品の量が毎日違うから当たり前なんですよね。つまり水道水の味は毎日違うって事なんです。
    何日も煮込む豚骨系スープならそんなに神経質にならなくてもイイでしょうが、あっさり鶏ガラスープのお店なら整水器で水を安定させないと、味にばらつきが出るのはしかたない気がします。
    で・・・そのラーメン屋さんは、しばらくして閉店してましたよ(^^;

    新見市内の少し南に「天然πウォーター」を扱う場所があります。
    天然πウォーターは隕石が落ちた場所だとか石灰岩がある場所だとか、まあそんな難しい事は知りませんが、とにかくこの水でお茶やコーヒーを入れると旨いのです。
    それに天然水だから安心でしょ?



    自前のポリタンクをいくつか車のトランクに積み込み、県北にドライブ感覚で出かけました。
    河本ダムが見えたらもう一息で到着です。
    このダムを渡り、そのまま数百メートル走るとお目当ての「天然πウォーター注水場所」です^^




    こんな建物なんですよ。スゴイでしょ?
    一階に入って「こんにちは〜」て声をかければ中からおばちゃんが出てきて注文を聞いてくれます。
    「このタンクに入れて下さい」で注文終わり(笑
    持ってきたポリタンクを、ホースから惜しげもなく出てくる大量の天然πウォーターでゴシゴシとタンクの中まで洗ってから注水してくれた。
    う〜ん丁寧な仕事だ。
    ココでは通販もしていて、片隅に大量のポリタンクが出荷を控えて並んでいた。
    何気なく宛先を見ると岡山市新保・・・○○某と書かれていた。
    何処かで見た名前なんだけど思い出さない・・・

    すぐにポリタンクは天然πウォーターで一杯になり車に詰め込んだ。
    20リットル630円


    こんな鍾乳洞から天然πウォーターを採るんだって・・・
    一度入ってみたいですね。

    帰り道でフッと思い出した。ニヤニヤしながら運転してると
    「なにが嬉しいの?!」って聞かれて
    「さっきの通販の宛先を思い出したんだ。あれ山金だよ」
    そういや山金ラーメンは、新見の天然水を使ってると何かで見た気がした。
    あそこも安心できる水を使ったお店なんですね。

    連絡先 金附工業株式会社 天然πウォーター
    筺В娃牽僑掘檻沓押治横娃苅
    注入時間:8:00〜15:30
    定休日:月曜日

    新見天然πウォーター


     ←ホットペッパー会員登録で
     ←お得クーポンをゲット




    コメント
    山金のスープは好きな味なんですが…
    やはり水に、ちゃんとこだわっていたんですねぇ
    _φ(..)メモ
    • wolf
    • 2008/09/14 6:14 PM
    >wolfさん
    いい水を使ってるとわかったら、美味しく感じたりしますね♪
    久しぶりに「山金」を食べたくなりました☆
    • HIDE
    • 2008/09/15 4:48 PM
    身体の60%〜70%は水分で出来ているという。・・・・・
    私を知ってる人に聞くと「きのっぴの身体の60%〜70%ってか、ほぼ100%アルコールやろ!」と言われます;;
    • きのっぴ
    • 2008/09/15 5:08 PM
    >きのっぴさん
    私も皆さんと同感です☆
    きのっぴさんがドーピング検査を受けたら大量のアルコールが検出されそうです(笑
    • HIDE
    • 2008/09/17 7:28 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    爪の色で階級が示されていた